最低限知っておきたいワックス脱毛知識

ワックス脱毛とは、ワックスと呼ばれる粘性のある液体を肌に直接塗り、時間を置いてから剥がして毛を抜く脱毛方法です。この脱毛方法は、海外では一般的に行われており、長い歴史があります。ワックスの材料は、砂糖と水、はちみつやオイルなど、自然な物を使用して行うため、安全に塗ることができる上、顔を含めほぼ全身への脱毛が可能なのです。

 

 

ワックスによる脱毛は、すでに生えている毛と成長期の毛、退行期の毛を一気に毛根ごと抜き取ることができるため、つるつるとした肌を施術後すぐに手に入れることができます。

 

 

ワックスを使った処理をする際は、毛がワックスに付かないと抜くことができないため、表面に5ミリ程度の長さの毛が必要ですし、引き剥がす際は痛みを感じます。また、ワックスで脱毛したあとも2週間から4週間ほどで毛が生えてくるので持続性はなく、肌がつるつるとした状態を維持するためには、月に一度ほど施術を受ける必要があります。しかし、ワックスを使った脱毛を繰り返し行っていると、ムダ毛がだんだんと薄くなっていき、ムダ毛の処理が非常に楽になるというメリットがあります。

 

 

ワックス自体は安く市販されているので、自分でも行うことができますが、肌の弱い人や皮膚の薄い人にはあまり向いていません。ワックスは市販されているので購入可能ですが、適切な使い方をしないと肌にダメージを与えてしまい、肌トラブルの原因になってしまうので注意が必要です。